みのハイキングクラブ   

「会創立からの山行記録一覧表」製作にあたり

一昨年(2018年)山行軌跡700回ヒストリーリストが作成され山行700回達成記念行事も行われました。同書には山行記録以外にも会の年間行事や労山関連の年間行事等も併記されてをり、会員が使い慣れたExcelを使用し各自のメンテナンスを容易にしたこと、更に幅の広い活用を図り各年度事業の総合版型に編集されれました。
本書の提案は「山行軌跡700回のヒストリーリスト」からクラブ山行記録、労山山行記録を取り出して山行記録専用リストを制作するもので、管理上は両リストの相関をITem.№と山名をKEY項目とする山行記録専用型に編集します。
「会創立からの山行記録一覧表」には、山行計画(plan)、実施記録(record)、記念写真(photo)等を網羅して、インターネット上では何時でも取り出して・読んだり・印刷したりできること、更に長期に亘り活用できるような内容のある仕組みを施策いたします。本趣旨から正式名称は「みのハイキングクラブ山行記録」と致したい。

1.情報の収集が容易な年次から着手

ホームページを立ち上げた2017年度から山行計画書と同実施記録(雑記)はHTML様式に変換して山行実績データーとして一般公開して来ました。
「会創立からの山行記録一覧表」のホームページ公開は、前項で述べた"plan"、"report"、"photo"、のホルダーに入れ「クリック&ピックアップ」で見たり印刷したり出来るようにします。
既にホームページ公開年度を終えた2017~2019年度の山行実績データー類は「会創立からの山行記録一覧表」に引越を行っており永住の場にします。

  •  5ヶ年をワン グループ=A4の1頁に20 Item の構成で2020年度末で40頁の試算です
  •  Item №、山行年月日、山名、CL名等の情報は山行軌跡700回ヒストリーリストと一致 させる

2.1995~2008年のフィルム写真処置-----スキャナー処理

創立の1995年6月~2008年頃までの写真は山頂記念写真が大半です(当時は定型化された山行計画書、山行報告書、雑記等はない)。
現状はホー
ムページに年度/月別に一括して掲載中ですが、今後は「会創立からの山行記録一覧表」の適所に同写真を配置して掲載するように変更します。

  •  適所に配置 = 撮影時期と山名を当て嵌めて写真を配置する
  •  スキャナー取込みのため変色と鮮明度は我慢
  •  写真配置の当て嵌めが若干アバウトになるかも?

3.2010~2015年の情報収集が不十分

比較的近い時期の山行情報(特に記念写真等の)収集がまだ出来ていない。山頂記念写真の入手が一番の課題になりそうです。
「会創立からの山行記録一覧表」は、"50年以上に及ぶ会の歴史の証とも云える山行記録情報を整理公開された他の団体に習った"思考なのですが、当会員にどこまで協力願えるか?。
今般Excelにより山行軌跡700回が作成されましたが、その記録情報を長年に亘り維持保存された先輩の努力は大変に大きい、またフイルムカメラ時代の保存写真も多くの提供を受けました。共に会の資産を後世に引き継ぎたいとの気持ちの表れであると思う。先輩たちの意思を引き継ぎ「会創立からの山行記録一覧表」の製作には・年単位の時間軸・を覚悟して取り組まなければできません。皆様のご理解とご協力をお願い致します。組織広報部担当

  •  全体が纏まるまでは工事中として公開しながら製作を続けます (常に工事中になりそう)
  •  取り組みは下段ナビの左年代順に着手、当面は1995~2000から始めます
  •  クラブニュースAcrobat版はホームページ製作に大変役立ちます(Acrobatの柔軟性を再認識)

4.製作年度(5年間区切り)

下記の通り2020年度末までに5G(5グループ)に区画して作成します。
TOP頁からは下記のボタンで頁を移動します。
(注記)
 当初はグループ内8頁 を連続して読み取れる長所のあるグループリスト様式 を考えていたのですが、頁印刷時に:1頁20Itemの印刷が不可と分かりリスト様式は中止した。
この結果、Webで見る場合の不都合として、グループリスト単位(8頁纏めて1リスト)の次へ移動から頁単位の次へ移動に変わる。


  山行記録一覧の "地図"、"plan"、"report"、"photo"、の「クリック&ピックアップ」見易く呼び出す方法をお読みして下さい。      

  ナビゲーション